なぜ自然栽培なのか 久しぶりの私事記事!

なぜ自然栽培なのか

農業をやってこの過酷さが分かりました。楽なことは一つもないのです。作るのも大変、売るのも大変。
さらに農法は農薬、肥料を使用しない、ほぼ素人でスタート、物知らずで馬鹿な証でございます。
作付けをしてもほぼ全滅ということは日常茶飯事で、労やリスクをとって出来ても高く売れるとは限らず
時間給にすれば数百円、農業という現状が身を染みて分かる日々です。
言うのは簡単、自然栽培、血肉を注ぎ取り組むほど採算が合わず、懐疑的になっていた時期もあります。
でもこれは作物のことをあまり考えずに、自己本位の栽培をしてきたからです。
栽培する作物の特徴、植わる土のこと、微生物のこと、天気のこと、管理のタイミング、これらを踏まえ
よい結果を産む為にはその作物のパフォーマンスを最大限に引き出すことであります。
常に結果に対し何故?という疑問を持ち続けることにより答えに近づいている実感があります。
このように愚直に栽培に取り組むことで、着実に分かってきたことがあります。
肥料がなくとも作物は育ち、その作物は慣行のものと比べ、とても味が良く、腐りにくく、品質がよい。
当所自然栽培の作物はほぼ市場には無く(今も)当たり前に販売所に並んでほしいと思っていました。
今もその思いは変わりありません。
なぜこのような農法が流行らないのか、それは経営のリスクが高すぎ、実際ものが出来ても割りに合わない、これが一番だと農家になって身をもって知りました。思いや志だけでやっていけないのも事実です。
だけど気がつけば私自身が自然栽培の虜になっていました。
とにかく農業経営で成り立たせ、まずは事例を作る、当所のひとつの目標です。
他の歩かない道を突き進む。
成功させる為にも、自然栽培を世に広げていく為にも、毎日諦めず今日も畑と向き合っていきます。
師の木村氏は『自然栽培は次の農業だ』と言っていました。当初は言っている意味が分かりませんでしたが、地球環境的にも、日本の農業事情的にも、真実味を帯びているのではないかと最近は感じています。