まちがっても安易な考えで自給自足に走らないように

陰謀論で我々は牛耳られている!

といった都市伝説的な内容の話があります。

一言では世界政府が樹立され人類を管理していくとう内容です。

今の騒ぎも計画の一環で着々と進んでいる、といった内容の話です。

どんな話でも一定数の割合で本気で信じてしまう方もいらっしゃいます。

そこから派生した考えで、自給自足(したい)して生き残ろう、新たなコミュニティを作ろう!

といったやりとりがリアルタイムで散見しています。

自給自足、無理です。

自給自足っぽい事は可能で、現に沢山いらっしゃいます。

今の産業は石油で成り立っています。

その石油は日本から採掘は出来ません。

農業もしかり、軽トラなりトラクターなり、諸材料なり、全て石油が必要です。

まさか牛車で鋤をつけて耕すなんて話にはならないでしょう。

もしくは一から燃料も作るのでしょうか。

麻の栽培が可能でしたらいい所まで行けると思いますが現行法では不可能ですね。

コミュニティという考えですが、まず我々一人一人には人権があります。

わが身に何かあった時、緊急時には守らるような仕組みになっています。

前に不審者が倉庫に入り込んでいて110番した事があります。

ものの20分でパトカーが3代、警官が5,6人位かけつけてちょっとした騒動になりました。

ちょっとしたことで安易に110番はしない方がいいなと学びました。

20年前にアルバイトで電話帳の配達をした事があります。

山の地域で民家を配達して回っていた時です。

家の門をくぐった瞬間に頭のてっぺんと鼻の頭をハチにさされその場に倒れ込みました。

初の救急車のお世話になり、料金は無料でした。

裁判沙汰はまだ経験がありませんが、数少ないですが経験者の話を聞くとまず人権があってどんな人でも弁護され守られるようになっているそうです。

そのような日本国の土台の上で生活出来ているのです。

何か緊急事態が行らないと実感できないと思います。

普段通りの生活、生きていられるということは偶然そうなっている、ということではなく既に巨大なコミュニティに属しているのです。

うまく小さなコニュニティを作って人里離れた所で集団生活しても、外に出て補正された道を歩いただけでも行政サービスを利用している事になります。

クワ一本で畑を耕し豆や野菜は出来たけど、調理するにガスを利用し、足りない食材はスーパーで日々購入、なんてのは自給自足ではありませんので。

ではがっつり農産物を生産しようと思ったら何が必要でしょうか。

農地と機械と技術と資金と時間です。

お米5キロ、2千円以内で買えます。

これ作るとなったら来年には出来ますでしょうか?

….まあ考えたら、分かりますよね。

余裕のある方もしくはガッツのある方であれば、自給自足っぽい事はいくらでも可能です。

やりたい方がんばってみてください。

石油、先物取引でマイナス値が付いたそうですね。

ん?1バレル買ったら2000円位貰えるとうことでしょうか?

数字ってよくわかりませんね。

タイトルとURLをコピーしました