もし食料危機になったら?

食料危機と言われるとなんか恐怖を感じますが、このように煽るような情報を拡散している動画が散見されます。

ほとんど見ていないのですが情報を集めるとこんな感じです。

・外国人労働者が入ってこなくなる

・そのことにより、物流が滞っている

・イナゴの大群がやってくる

・外交問題でスムーズに事が運ばなくなる

ってこれは中国の事です。

食料に関しては中国から日本への輸出は減るのかもしれませんが、他の国々からも沢山輸入しています。

よく食料自給率は40%だと言われていますが、これはカロリベースの話です。

生産量とか種類とかではなく、日本人が消費する食料の総カロリーのことでしょう。

逆に言えば6割は海外のものとなります。

私が思いつくのは、パンや面類、大豆関連の食料品は欧米産、野菜加工品や生鮮食品は中国産といった感じでしょうか。

米や大体の野菜が国産ということです。

あとは外食産業やスーパーにならぶ安い加工品、油等はほぼほぼ輸入品でこの中に遺伝子組み換え食品も多量に含まれています。

日本人が口にしているものは他国産のものが半分以上を占めているということになります。

では仮に外国から食料品の輸入がぐんと減ってしまったら我々は飢えてしまうのでしょうか?

私の考えではNOです。

今まであったものが品薄になり供給バランスが崩れると、値段は勿論上がります。

国内産でも足りなくなってくるので全体的に値は上がるかもしれません。

ですが食料自給率40%というのは本日までの結果であって、上げる事が不可能ということではありません。

確かに日本の農業には効率の悪さが目立つのかもしれません、私がいうのもなんですが。

農地も集約されてなく耕作放棄地も目立ちのが今の現状です。

ですが政策で一気に転換する余力はいくらでもあると思います。

外食産業や加工品工場等に携わっている方は分かりますが、日々加工工程で廃棄されています。

弁当等やスーパーに並んでいる食品も賞味期限切れで廃棄されます。

一次産業の農業も同じく規格外で結構な量が捨てられています。

要は金になるかならないか、これが一番で設計されているのが今の世です。

多少見栄えが悪く、期限が切れたものを流通されることでパーセンテージは上げれます。

農産物も売り上げや経費などを差し置けば、作付け量を増やせる技術はあります。

日本は島国なので周囲から魚を日々獲れます。

漁業の事はよく分からないのですが漁獲量もいざとなれば調整可能でしょう。

農産物は天候に左右されますのでパンデミックでは直接的な影響ありません。

ただ一部ではお米の買い占めがあったとかないとか。

トイレットペーパーのようにオイルショック心境によって、食料品にも人為的作用によって供給量のバランスが崩れる事は今後はあるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました